ホーム » おしらせ, 活動報告 » 新春餅つき大会
新春餅つき大会

新年、明けましておめでとうございます。

毎年恒例の与那原第1団の「もちつき大会」が、1月15日(日曜日)クララ幼稚園運動場にて行われました。

今年は、BSA102隊と、クララ幼稚園の園児達にもお知らせしたところ、総勢150人くらいの

子供達、保護者、BSA、そして我が団のビーバーから、ベンチャーまで、例年にない大勢の賑わいぶりででした。
開会に先立ち、与那原第一団の下門理事から、参加に対するお礼と説明があり、一目散に臼の廻りにみんな集まります。
園児や保護者には初めての餅をつく喜びで、我が子の様子を写真に納めようと保護者も嬉しそうです。
BSAの皆さんも、昨年のムーチー作りとは違っていることや餅の味付けも、きなこ・なっとう・砂糖しょうゆ・粒あんに加え
チョコも用意したところ、BSAのスカウトや保護者の方々も美味しそうに頂いていました。
用意した25キロの餅米もあっという間につき終わり、付き添いや準備に忙しく、もっと餅をつきたかったの感想の子もいました。
天気予報が、雨にもかかわらず、もちつきの時間中は、曇り空の天気で、もちつき終了の片付け終盤から雨が降りはじめ、
「神様はいつも僕らの活動を見守ってくれているんだよ」の言葉にうなずくカブ隊やボーイ隊のスカウトも笑顔の中
もちつき大会は、終了しました。

那原一団 カブ隊長 運天 先俊

このページの先頭へ