ホーム » おしらせ

おしらせ

2016 団キャンプ実施要領!!

与那原第1団保護者さま

与那原第1団のキャンプが9月17日~19日、熱田ビーチで行われます。

つきましては、団キャンプの要領を掲載いたします。
参加申込書に参加する氏名等を記入の上、與那覇BVS副長または

各隊隊長まで提出ください。

また、参加当日は健康調査票を記入の上、與那覇まで提出ください。

要領はこちら=>団キャンプ要領

参加申込書   =>申込書(エクセル)

健康調査票 =>健康調査票(エクセル)

このページの先頭へ

2015団キャンプ要領_2015

与那原第1団保護者さま

与那原第1団のキャンプが9月21日~23日、渡嘉敷村とかしくビーチで行われます。

つきましては、団キャンプの要領を掲載いたします。
要領中の参加申込書に参加する氏名等を記入の上、與那覇BVS副長または

各隊隊長まで提出ください。(締め切り:8月30日)

要領はこちら=>2015団キャンプ要領等_渡嘉敷

BVS隊長 比嘉良裕

このページの先頭へ

ビーバーフェスティバル実施要綱_2014

BVS保護者さま

今年も待ちに待ったビーバーフェスが次のとおり行われます。
今年のテーマは那覇のマチグワー探検です。
ふるってご参加を お願いします。

実施要領=>BVSフェスティバル実施要綱_2014


BVS隊長 比嘉

このページの先頭へ

新春餅つき大会

新年、明けましておめでとうございます。

毎年恒例の与那原第1団の「もちつき大会」が、1月15日(日曜日)クララ幼稚園運動場にて行われました。

今年は、BSA102隊と、クララ幼稚園の園児達にもお知らせしたところ、総勢150人くらいの

子供達、保護者、BSA、そして我が団のビーバーから、ベンチャーまで、例年にない大勢の賑わいぶりででした。
開会に先立ち、与那原第一団の下門理事から、参加に対するお礼と説明があり、一目散に臼の廻りにみんな集まります。
園児や保護者には初めての餅をつく喜びで、我が子の様子を写真に納めようと保護者も嬉しそうです。
BSAの皆さんも、昨年のムーチー作りとは違っていることや餅の味付けも、きなこ・なっとう・砂糖しょうゆ・粒あんに加え
チョコも用意したところ、BSAのスカウトや保護者の方々も美味しそうに頂いていました。
用意した25キロの餅米もあっという間につき終わり、付き添いや準備に忙しく、もっと餅をつきたかったの感想の子もいました。
天気予報が、雨にもかかわらず、もちつきの時間中は、曇り空の天気で、もちつき終了の片付け終盤から雨が降りはじめ、
「神様はいつも僕らの活動を見守ってくれているんだよ」の言葉にうなずくカブ隊やボーイ隊のスカウトも笑顔の中
もちつき大会は、終了しました。

那原一団 カブ隊長 運天 先俊

このページの先頭へ

沖縄県共同募金会から 表彰されました。

私たち与那原第一団は長年にわたる募金活動が
評価され、「沖縄県共同募金会」から表彰されました。

去る9月に予定されていた表彰式が台風のため延期となり
11月25日、与那原町社会福祉協議会から、伝達授与されました。
当日は平智彰団委員長が欠席のため、下門副団委員長が代理で
伝達授賞式に参加しました。

私たちは、毎年、赤い羽根共同募金をスカウト活動として取り入れ
街頭での募金活動を積極的に行って来ました。

今年3月の東日本大震災の時も、いち早く募金活動を行い
17万円余の義援金を集め、日本赤十字沖縄県支部に寄贈しております。

「いつも他の人々を助けます。」このことは、スカウティング活動に
おける最も重要な柱の一つであります。
今年も12月11日(日曜日)に、恒例の赤い羽根共同募金活動
を予定しています。

これからも、「常に他の人々の助け」となるような、より良き社会人の
育成に団をあげて取り組んでいく決意を新たにした、表彰式でした。


記者 与那原第一団
ビーバー隊長 比嘉 良裕



このページの先頭へ

スカウト講習会のおしらせ(9月23日)

 来る秋分の日、沖縄県連盟におきまして、次のとおり、ボーイスカウト講習会を開催しますのでお知らせいたします。

ボーイスカウト講習会は、広く一般の方々に、スカウト活動の内容をわかりやすくお伝えするとともに、スカウト教育の原理と基本的な方法を正しく知っていただくことを目的にボーイスカウト沖縄県連盟が主催で行われております。

より多くの皆さまの受講をお願いいたします。

 

参加を希望する方は、平智彰団委員長まで連絡願います。

講習会:平成23年9月23日(金曜日) 

     午前9:00受付  午後5:00解散

会 場:ボーイスカウト沖縄県連盟 事務局

費 用:2,000円

 

講習会詳細はこちら=>スカウト講習会_20110923

               

      ボーイスカウト与那原第一団

            団委員長 平 智彰

        (090-3794-0169)

このページの先頭へ

2011年 団ファミリーキャンプのご案内&参加申込書

 去る9月4日、クララ幼稚園2Fにて、恒例の団ファミリーキャンプの説明会を開催いたしました。

多くの保護者の参加に感謝いたします。

 説明会に参加できなかった保護者の方々は、次のファイルを参考にして各隊隊長に9月11日(日曜日)まで、

参加する「家族全員分の申込み」をしてください。

なお、詳しいことについては各隊指導者へ問い合わせてください。

団ファミリーキャンプ案内&申込書

 はこちら=>団ファミリーキャンプ案内&申込_2011

               ボーイスカウト与那原第一団

                    団委員長 平 智彰

このページの先頭へ

東日本大震災義援金のお礼が届きました!

3月20日にボーイスカウト与那原1団が行った、東日本大震

災の義援金の募金活動に対し、日本赤十字社沖縄県支部長

からお礼のお手紙と、領収書を受領いたしましたので、報告します。


お手紙と領収書=>スカウト義援金お礼_赤十字

ボーイスカウト与那原1団 団委員長 平 智彰

このページの先頭へ

[修学旅行での被災を通して] 安里恒佑VSスカウト

2011 年3 月11 日14 時46 分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0 の地震が発生。東京震度5。JR、バス、タクシーなど各交通手段は麻痺し、街は多くの人間でごった返していた。前日まで私達が寝泊りしていた舞浜のホテルの壁には大きな亀裂が入るほどの大きな地震だった。その日、私達首里高校修学旅行団は、終日、都内自主研修へ出かけていた。先生方の手を離れ、私達の班は、秋葉原、アメヤ横丁と回り、最後に訪れたのは原宿。そこで大きな揺れを感じ取った。建物がこんにゃくのように揺れ、歩いていた人が立ち止まり、側の女性が泣きながら地面に座り込んだ。すぐさま、携帯電話で担任と連絡を取ろうとすしたが、電波状況が悪く何十回と掛け直し、やっとの思いで代々木公園に向かえという指示を受けた。代々木公園に到着すると、私は都内各地に散らばっている首里高校修学旅行団の仲間を集めるため、駅前に生徒を誘導するチームを派遣し、残りは、沖縄とは比べ物にならない、だだっ広い公園で、しかも沖縄ではめったに経験できない寒空の下で待機し続け、次から次へとくる仲間の出席を確認した。代々木公園の中央広場には、50 人あまりの仲間が集まっていた。しかし、ホテルに待機していた先生からは、「交通麻痺の為にすぐには迎えに行けない、かなりの時間その場で待機するように」という指示が出た。各クラスの男子を中心に他のクラスの生徒も自ら考え動き、何名かの女子が晩御飯や防寒具の代わりになるブルーシートなどの買出しに行った。日も暮れ始め、より一層寒さが厳しくなる時間帯、突然、女子の方向から泣き声に似た叫び声が聞こえた。ある女生徒が意識を失い、倒れたのだ。その瞬間、私は119 番通報をし、それと同時に走り出し大人を呼びに行った。仲間がたまたま通りかかった看護士さんを呼んできた。その他の生徒もアイコンタクトすら取らず手際よく動き、倒れた女生徒の回りに立って風を遮り、体をさすりながら声を掛け合った。看護士さんの対処のおかげもあり彼女は意識を取り戻した。その後、JR原宿駅に居る仲間達と合流し、帰宅困難者の避難場所である青山学院へと移動することになった。その際、かなりの人数での移動になるので、はぐれない様に2列になり、前方・中央・後方に2 人ずつ意思疎通のとれる生徒を配置し、人と車のごった返す東京の道を歩ききった。夜の9時を超えてようやく到着した青山学院だったが、到着してからは、ボランティアの方々の協力もあり、風を凌げる室内で一息つくことが出来た。そして、青山学院に避難している仲間の名簿を作成し、行方が分からない仲間の居場所も、受信に時間は掛かるが確実に繋がるメールを使い、安否を確認し学校側に報告した。底冷えに苦しみながら寝ている子に不眠不休で毛布を掛けてあげていた仲間や、エコノミー症候群にならないように呼びかけていた仲間、朝早くから朝食を買出しに行きホカホカのご飯を確保してくれた仲間など、様々な生徒が私からの指示に自らの考えを織り込み機敏に行動していた。今回、大地震という中、私は指揮をとったが、班単位での行動、女生徒が倒れた時の救護法、大人数による大移動でも誰一人はぐれなかった隊列、それら全てが、意識することなく指示に出すことができ、小学校から続け身体に染み付いたボーイスカウトの知識と技能が多いに役立った。

この体験を通し、スカウティングの重要さを再認識し、これからも常に備え、スカウトとして大きく成長していきたい。
東北地方太平洋沖地震の一日も早い復興をお祈りします。
そして沖縄修学旅行生全員の無事に感謝し、弥栄三唱で文を閉じたいと思う。

与那原1団VS隊、首里高校2年  安 里 恒 佑

このページの先頭へ

団キャンプ中止のお知らせ!

与那原一団 関係者 各位

おしらせします。

9月10日から予定しておりました団キャンプは

諸般の事情により中止になりましたのでご報告致します。

9月12日 日曜日に上進式のみ予定しております。

上進式の詳細については、後日連絡いたします。


与那原1団 団委員長 平 智章
このページの先頭へ